テニスが育むコミュニケーションsocial

地域の誰もが繋がることができるテニス交流
Communication where Tennis Nurtures.

現在では「地域」は「コミュニティ」の省略形で使われることも多く、そこで育つ子供たちにとってはこの地域環境が大変重要になっています。コミュニティは「共同体」を意味し、地域に居住している人たちがその環境を築いていくことが重要であるとフミヤスポーツでは考えています。

テニスは誰でも気軽に始められるスポーツです。親子で楽しまれている人たちも多いでしょう。気軽に通いやすいという意味では、テニスコートは自分たちが居住している地域にある、というケースが多いのではないでしょうか。

コートでは近隣のかたがほとんどなので、当然繋がりは作りやすく、テニスをきっかけにコミュニケーションが育まれ、テニス以外の場でも気の合う親子同士が集まりやすく、地域はアクティブに機能します。

そしてコミュニケーションは連鎖を生み、地域は風通しの良い環境になります。そのような環境で子供たちが育っていく、これは地域及びコミュニティという概念において理想的であると思います。

さらに、テニスを通じた健常者と障害者の交流の場を作ることもとても大切です。一緒に

テニス講習を受けることで距離を縮め、お互いを尊重する精神が生まれ、こちらも風通しの良い環境となり、人間形成においてとても大切なことを学ぶことができるでしょう。

堅苦しい方法ではなく、気軽に楽しめるテニスを通じた地域及び社会貢献に、フミヤスポーツは力を注いでいます。倉光哲を中心に、育成されたコーチ陣を各所テニスコートやスクールに派遣しテニス講習を実践、そこで育まれたコミュニケーションを幹にして、「人して大切なこと」を感じて欲しい、学んで欲しい。フミヤスポーツの大切な活動です。