全日本ジュニアU12ダブルスで優勝!フミヤスポーツ・エース市川所属の西野菜穂選手と石井さやか選手(Team REC)が優勝しました。

エーススポーツプラザ市川からのお知らせ

2017年8月16日

DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権’17

決勝戦は8月16日大阪府・靱テニスセンターで行われた。
U12ダブルスで、フミヤスポーツ・エース市川所属の西野菜穂選手と石井さやか選手(Team REC)が優勝しました。

 

 

全日本ジュニアテニス選手権大会、決勝戦

西野菜穂(フミヤエース市川TA)
石井さやか(Team REC)
6ー4、6ー4
河野望奈(チェリーTC)
高 絢果(UP・Set)

 

試合の流れ

全日本ジュニア決勝戦ダブルス、ファーストセットは決勝戦のプレッシャーから動きが固くミスが多くなり苦しむが気持ちを切らさず我慢強くラリーして6ー4。セカンドも中国地方代表の相手に0ー2と苦しい展開になるが力強いストロークで打ち合い5ー3と逆転。そこからマッチポイントを3本しのがれ5ー4と苦しむが最後は西野がしっかりとサーブを振り切ってキープし6ー4。

 

西野菜穂選手談

優勝出来て本当に嬉しいです。
決勝まで苦しい試合が多かったですがパートナーの石井さんと力を合わせて優勝出来ました。
パートナーの石井さやかちゃん、サポートしてくれた竹内コーチや両親に感謝しています。
またこの舞台に立てるように頑張って練習します。色々ありがとうございました。

石井さやか選手談

優勝出来て本当に良かったです。西野さんと楽しく試合が出来ました。
もっと上を目指して頑張ります!!ありがとうございました。

 

コーチ談

 

先ずは日本一おめでとうございます!!
猛暑の中、元気に試合を終えてほっとしています。
西野を担当して一番変わったのがあまり興味の無かったダブルスが好きになってくれたのが本当に良かったと思います。
一試合毎に課題を修正し考え試合で出せるように努力していたのが印象的でした。
全日本ジュニア優勝と素晴らしい結果を出しましたがこれから更なる試練が立ちはだかると思います。
この経験を力にし感謝の気持ちを忘れず日々頑張ってもらえればと思います。
今後は課題のサーブを強化していきたいと思っています。
本当に良く頑張りました!!おめでとうございます!!
竹内繁広

 

表彰式